シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジが緊急停止した!

*我が家のお泊まりディズニー(2018年3月・3泊4日)の備忘録です*

春休みに楽しんできた3泊4日のお泊まりディズニーを振り返り、のんびり時系列で書きとめて行く予定ですが、2018年3月下旬の詳細です。
今後、内容が変更になることもあるかと思います。
あくまでも我が家の備忘録でありますこと、ご了承くださいませ♪
1日目の日程まとめは こちら2018.04.29 参照)>
*1泊目のお部屋(ホテル客室のみ予約)
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ スペチアーレ・ルーム&スイートポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)3311号室

<お泊まりディズニー2日目>

07:43 ハッピー15エントリー東京ディズニーシーに入園
イースターフォトスポットで撮影       (2018.04.30 参照)
07:55
---
08:08
東京ディズニーシー開園→トランジットスチーマーラインに乗船し、ロストリバーデルタで下船
ジャスミンのフライングカーペット到着(2018.05.02 参照)

ジャスミンのフライングカーペットで空の旅を楽しんだ後・・・

8時12分
大好きなシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジへ。
入り口のキャストさんから、
「本日1番乗りですよ!ありがとうございます!!」
と、お声かけいただき、我が家だけの航海がはじまりました。

 

バズルの港を出て・・・
嵐に遭遇するも人魚たちに助けられ・・・
我が家が大好きなこの場面
「ありがとう!人魚さん!助かったよ!」のところ。

ここで突然!場内の音楽・音声と乗っているボートが緊急停止!静まりかえる場内に、キャストさんのアナウンスが響きます。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 乗船中の皆様にお知らせいたします。ただいま地震が発生したためボートが一時的に停止しております。恐れ入りますが、安全確認の問い合わせをいたしますので、座ったままでお待ちください。」

えー!地震!?
外が見えないだけに、どんな状況か全くわからず不安に・・・。
よりによって貸切。我が家3人だけポツン・・・です。
嵐の中ではなく、人魚さんの前だったことが救いでした(笑)

ここで・・・
ボートは停止したままですが、場内の音楽・音声は再び響きます。シンドバッドの勇敢な歌声を聞いて、すこし落ち着いてきました。

すると、しばらくしてまた音声&音楽が停止。
今度はおじいさん?の声で、再びアナウンス。

「シンドバッドと共に航海する勇敢な仲間たちよ!船はやむなく遅れをとっている。だが航海はすぐに再開される。われらがシンドバッドから、座ったまま待てとの指示を受けた。皆さんの協力に感謝する!」
おじいさんの声(日本語)→英語→中国語の順に流れました。

そしてすぐにキャストさんのアナウンス。

「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ ご乗船中の皆様にお知らせいたします。大変お待たせ致しました。安全確認ができましたので、再度ボートがスタート致します。安全のため最後まで座ったままでお楽しみください。」

こうして緊急停止して約2分が経過した頃・・・ふたたび航海が始まりました。ほっとひと安心です。
無事航海を終えて・・・8時32分。
キャストさんに地震の事を聞いてみましたが、詳しい震度などはわかりませんでした。

約2分間の緊急停止・・・とても長く感じたなぁー。
「ありがとう!人魚さん!助かったよ!」のシンドバッドの声、何回聞いたことか・・・。兎にも角にも被害はなくて幸いでした。

ちなみに。途中停止しただけで、すぐに運転再開したので、優先券は配布されていません。
(ルク鳥のたまご)

それにしても・・・
あの謎のおじいさんの声、誰の声だったのかなぁ?
サルタン王なのかな?それとも天文学者?
キャストさんに聞いてみればよかったなー。

つづく・・・