第四回 ミツバチの一枚画コンクール 参加賞が届いた

小学校に入学してから、絵画や作文などの児童作品募集(コンクール)が色々開催されていることを知り、わが(娘)も、
何件かの絵画コンクールに応募してみました。

12月に入って、受賞作品の発表・参加賞の発送が続いていますので、備忘録もかねて、作品はお目にかけられませんが(笑)、振り返ってみたいと思います。

まずは、初めて応募した絵画コンクールから・・・

第四回 ミツバチの一枚画コンクール

 組織構成
主催:株式会社山田養蜂場  共催:朝日学生新聞社
後援:玉川大学ミツバチ科学研究センター、国際児童図書評議会(IBBY)、日本国際児童図書評議会(JBBY)、
JHP・学校をつくる会

 テーマ
「花とミツバチ」「自然の中のミツバチ」「人とミツバチ」
など、自然環境の大切さや人との関わりを感じられる
ミツバチを描いた一枚画

 応募締切
2016年7月15日(金)*消印有効

 部門
<国内作品>
子どもの部(幼児、小学生
②中高生の部(中学生、高校生)
③一般の部(上記以外)
※学校、クラス単位など団体応募も可
<海外作品>
①18歳以上 ②17歳以下

 応募作品について
①作品サイズは四つ切画用紙またはA3サイズの用紙
※若干のサイズ違い、画用紙以外の作品も可
②スケッチ、イラスト、貼り絵など表現方法および水彩、
クレヨン、油彩など画材は自由
※未発表で必ず自作・本人が描いた作品に限る
(HPや同人誌に掲載したものも発表とみなす)
③デジタル作品も上述のサイズに出力して応募する。
(データでの応募は不可)
※デジタル作品・・・デジタル機器を使用して作成されたものが対象

● 応募作品は返却されない

 応募者全員に参加賞あり

 その他、応募規定、賞、審査員、送付方法など詳しい実施要項については、株式会社山田養蜂場HPをご覧ください。

 

応募者全員に参加賞って嬉しいですよね。
11月中に発送とのことでしたが、(娘)の場合は、作品に応募用紙を添えて、学校経由でコンクールに応募(団体応募)しましたので、参加賞の「2017年ミツバチカレンダー」は、学校に届き、12月上旬に担任の先生から手渡しで頂きました。

気になる参加賞は、第四回ミツバチの一枚画コンクール入賞作品を使用したカレンダー(便利なスケジュールシール付き)でした。チャリティーカレンダーとして販売され、収益金はすべて社会貢献活動に活用しているとのことです。

(1冊 税込600円 ・送料無料)

今回(2016年)の第四回ミツバチの一枚画コンクール には、
日本国内だけではなく、海外からも応募があり、あわせて
21,078点もの作品が集まったそうです。
来年も開催されたら、親子で応募してみるのも楽しそうですね。

<スポンサーリンク>